2013年1月

2013.01.24 - Thursdayよくある質問1~3 <起業、新規事業、移転編>

お世話になっております、ライトアップの白石です。

本日は、学生の皆さんからいただくよくある質問への回答を記載していきたいと思います。

FAQです。

これは面接で実際に答えている内容になります。
興味があるかたは、まずはざっと読んでみてください。
面接の参考になると思います^^


Q.1
やっぱり、昔から起業したいと思っていたんですか?

A.1
いえ、実はそんなに起業志向があったわけではないんです。
日本で一番大きい会社、NTTに入社したくらいですから(笑)。
元々インターネットをすごいやりたかったんです。
NTTも楽しかったのですが、なかなかネット関連の業務だけをずっとするということは(もちろんながら)できませんでした。
そんな時、サイバーエージェント社からお誘いがあったんです。
だいぶ悩みましたが、来年から21世紀、よし!とばかりに、親の反対も振り切って(笑)、転職しました。
サイバー社では、私の女の子3人の4人でコンテンツの部署を立ち上げました。すごく楽しく働いていたんですが、当時、村上ファンドから買収されかかったりと、色々と慌ただしいこともあり、また営業に力を入れるという方針を伝えられ、だったら、外でやらせてもらっても良いでしょうか、と。
本当は不安ではあったんですが、その時、私の下についていたスタッフから毎日のように
「白石さん、やめないんですか?やめないんですか?」
と言われ、さすがに1ヶ月くらいするとその気になってきてしまったんです(笑)
そして、部下何名かと案件を10件くらい引き継いで、そのまま部署の一部がスピンアウトするような形で有限会社ライトアップを立ち上げました。
これが2002年初頭の話です。もう10年も前になります。
そんな経緯もあり、起業して数年は売上の半分以上はサイバーエージェントさんからいただいていたので、本当に助かりました。
なので、今でもサイバーエージェントさんにはとても感謝しています。後、携帯電話はNTTドコモです。頑張ってiPhoneとの2台持ちは続けています(笑)


Q.2
御社は新規事業をたくさんやっていると思いますが、次は何をするんですか?

A.2
実は、全く決めていないんです。
もちろん、こういった方面でといったものはありますが、直前まで決めないようにしています。
私自身が「やりたいこと」というのは、正直たくさんあります。大学時代からネットはすごいと思い続けていますから。ただ、私のやりたいことが社会が望むこととは限らないと、ある時気がついたんです。
まず自分のやりたいことを一旦全部忘れる。
そして、目をつむって耳を澄ます。
そうすると、本当に小さい声で聞こえてくるわけです。「ライトアップさん、こんなサービスないの?」「こういったところは困るなぁ」「これがあったら絶対買うのに」・・・
そういった声を謙虚に聞いて、そしてその中から「できるだけ短い時間で実現できるもの」「できるだけたくさんの事が実現できるもの」この2つの基準で選んで実施していくだけです。
故に、来月やることは今月末までわからない、という事もあったりするわけです。
この方法だと、絶対に失敗はしません。なぜなら需要と供給で考えると「需要・ニーズ」を見つけて、そこに「供給する」という順番だからなんです。そして、困っている人が多ければ多いほど、その対価としてたくさんのお金をもらえたりもします。故に、ライトアップでは「利益率」を重視しています。経常利益率30%が毎月の目標です。
非常にシンプルな考え方なのかもしれないです。
じゃあ、そうなると「自分の好きな事はできないの?」という質問をされることも多いです。これは安心してください。世の中うまくできているものです。
困っている人というのは、一番得意な人に解決してほしい、と考えているんです。なので、自分自身にやりたいことがあるのであれば、24時間365日そのスキルを伸ばし続ける努力さえ続けていれば、何時の日か世の中の困っている人からご指名がかかるわけです。
気がつけば、10個の新規サービスのうち3つくらいは「そういえば、こんなサービスやりたかったんだよね」と後から気がつくことも結構あります。
まあ、私はインターネットが便利で役立つものになって、困っている誰かが助かるのであれば、何をやっても楽しいと思えるので、なんでもいいんですけどね(笑)。
何かやりたい、ということはあるんですか・・?


Q.3
なんで、渋谷クロスタワーの最上階に移転したんですか?

A.3
前のオフィスのB1Fにライブハウスができてしまったからなんです。夕方になると、ものすごい重低音の振動が発生して・・・
そんな時、ちょうど不動産会社から物件の営業があったんです。クロスタワーにはAmazonがたくさんのフロアを一括で借りきっていたんですが、ちょうど新しいビルに移転してごっそり空くらしいと。しかも、最上階に入っていたレストランも震災の影響で一旦クローズすると。つまりは、最上階が格安の金額で借りられるかもしれないと。
ということで、いろんなタイミングが重なり、これも神様の言うとおり、という感じで、流れに流されるように最上階に移転しました。ちなみに家賃は前と変わらないので、かなりお得だったと思います。
前のオフィス自体は、本当にとても気に入っていたので、今でも残念ではあります。
前述記事:フジビル37を、ライトアップビルにする計画
http://ceo.writeup.co.jp/2009/01/37.html


本日はここまでに。
また定期的に更新していきます。
面接受けられる方はご参考まで。面接、頑張ってください。最終面接一つ前でお待ちしています!

―――
Q.番外
白石さんの面接は、なんで最終面接ではないんですか?

A.番外
企業の方が立場が上、という人も多いですが、私は企業も学生も対等だと思っています。
一生のお付き合いになるかもしれない就職活動。
私との面接は、皆さんの人生をかけるにふさわしい会社かどうかを全国300万社の企業から1社を選ぶための場だと、企業を逆面接する場だと思ってください。
ですので、出来る限り皆さんからの質問の時間を多くし、ざっくばらんに回答するよう心がけています。
率直に回答しすぎて「えっ」となるかもしれませんが、そんなに変なことは言っていないと思いますので、その点はご安心ください(笑)。

2013.01.15 - Tuesdayなぜ、新卒採用に力を入れているのか

お世話になっております、ライトアップの白石です。

ライトアップは伝統的に中途社員の採用よりも新卒採用に力を入れています。
最初に採用した社員も新卒でした(それ以前にサイバーエージェント社の元部署から何名かの方が合流していましたが、それを除くと新卒が第一号)。

ではなぜ、優先的に新卒を採用するのでしょうか?
いざ考えてみたところ、昔と今では理由が変わっている気がしました。


社員数がまだ20名くらいの頃は、正直に言うと、中途社員がうまく採用できなかったから、という理由が一番大きかったと思います。
優秀な中途社員はどの会社でも引っ張りだこです。20名以下のベンチャー企業にはなかなか来てくれません。
弊社の中途社員も、その全てが業界未経験でした(この体験が元になり、研修に力を入れる社風ができたわけですが)。


「どうせ未経験なら、新卒の方がやる気が合っていいんじゃない?」


自然と社内はそんな雰囲気になり、新卒採用を重視するようになったのでした。
折しも世の中は就職氷河期。実際にやる気のある新卒社員がどんどん増えていったのでした。

一方、現在は少し状況が変わっています。
社員も増え、オフィスも渋谷クロスタワーの最上階に移転し、企業ブランドも大きく向上してきました。嬉しいことに、ライトアップで働きたいという中途社員の方もものすごく増えました。


「中途社員の方が、即戦力になっていいんじゃない?」


そんな声ももちろんあります。
でも、やっぱり新卒採用の方が多いです。

では、なぜ今でも積極的に新卒採用を続けているのか。
それは、ライトアップの独自性を守っていきたい、そしてその独自性を大きく発展させていきたい、という想いからです。


ライトアップは、ネット業界の中でも「変わった会社」としばしば言われます(笑)。
元々受託ビジネスの会社なので、あまり表に出ることはありませんでしたが、さすがに創業12年も経つと名前自体は知られてきています。おそらく「すごく地道にコツコツやってそうな会社」と見られていると思います(実際、そうなんです...)。


この間、こんなことを言われました。

「白石さんは魔法でも使えるんですか・・・? 未経験者や若手社員ばっかりで、よく新しい事業を複数同時に立ち上げて収益を出せますね」

確かに、周囲の人から見るとそう見えるのかもしれません。
でも特別難しいことをしているわけではありません。今まで蓄積したノウハウと経験を、とてもシンプルに考えて実践しているだけなんです。


#その秘訣は・・・長くなりますのでまた別記事にて。


そして、この弊社のやり方にはひとつポイントがあります。
実は、中途社員よりも新卒の若手社員の方が比較的スムーズに進むということ。
早い段階でこのことに気が付きました。

では、それはなぜか。
「先入観が無いから」です。


先入観なく元気に取り組んでくれる、それだけで、ある程度の事まではできるのではないか。
しかも、よりたくさんの事が実現できるのではないか。


そのため、ライトアップの採用基準は

素直、プラス思考、勉強好き

の3つになっています。

#ちなみにこれは船井総研をマネました。
#日本最大の中小企業向けの経営コンサルティング企業「船井総合研究所」はすごい会社だなと思います。


今では社員の半分以上が、新卒入社した社員になっています。
もちろん、いろいろな事情でやめてしまう社員もいますが、他社と比べても定着率は抜群に高いです。


#中途社員も年に数人ほど採用しています。ほぼ全員が「30歳代前半の営業マン」です。
#異業種の営業経験を持つ人と話をするのは、とても新鮮で勉強になります。

2013.01.07 - Mondayそして、新卒採用も本格化してきました。

お世話になっております、ライトアップの白石です。

2013年もいよいよ本番。
今年は、本当の意味で飛躍の一年にして行きたいです。

ハードとしての新オフィスも順調に機能し始め、ソフトとしての新規事業も相当数の種まきが完了しました。後はそれらを使って、世の中にポジティブ・フィードバックを繰り返し繰り返し実施してくれる「」の確保が重要です。仲間が必要になっています。

ということで、この社長日記でも、現在大学生の就活生の方に向けて、いくつかメッセージを伝えられればと思っています。

一緒に、ネットを活用し、日本を良くしていきたいと感じている方は是非ご一読をお願いします。これからの記事を通じて、少しでもライトアップを理解してもらえると嬉しいです。

2015年7月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

目次

写真

新着記事

道玄坂について

株式会社ライトアップ代表取締役、白石が日々の業務や日報、雑感などを随時アップしています。(一言で言えば社長日記です)。ライトアップの社風や考え方を知る一助となれば幸いです。最新プレスリリースも一足早くお届けします。

株式会社ライトアップ
会社情報 / 採用情報

年別アーカイブ

プレスリリース一覧ページ


運営サイト一覧

弊社が運営する各種サービスサイトや自社メディアのウェブサイトを紹介します。

ニホンラボ
システム開発クラウドソーシング
Jマッチ
補助金・助成金申請支援クラウドツール
フォレストルーム
コワーキング立ち上げ運営支援
クリックアナライザー
解りやすい!クリック解析ツール
コンタクトメーカー
企業・法人リスト作成ツール
予測市場
ネットリサーチ×株式市場
ワールドトーク
オンライン英会話サービス
ライトアップ ラボ
新規事業は全てここから