2013.04.04 - Thursday新卒採用2014、佳境です。

お疲れ様です、白石です。

早いもので、今年も4月になりました。
来年4月入社の新卒採用も、佳境です。
先週から今週にかけて、内定も続々でており、今週入社した新卒もいきなり後輩が出来てしまった状況です。

個人的には、早めに就職活動を終えて、社会にでる準備を、大学4年生の一年間で目一杯やってもらえると勉強にも実が入るのでよいのではないかと思っています。
私もNTTに内定をもらった後は、自分でWEBサイトを作ったり、CGIを書いてみたりと、楽しく勉強してました(大学の授業は全くなかったのでなんですが)。


昨日面接した学生と話をしていて、なるほど。。。と思った話がありました。

その方は、良い感じの人でした。
3社、意中の企業があり、弊社はそのうちの1社。
他の2社は、まだまだ本格的な選考は始まらない様子。
その3社は本当に差がないとのこと。

仮に弊社から内定が出ても、3社すべての結果が出るまでは、内定を受諾するかどうか悩んでいる、と。
他の2社はもう前向きに諦めて、目の前の1社の内定を受託するか。それとも、目の前の1社は半ばあきらめて、残りの2社を受けるか。相当な人生の岐路だと思いました。


もちろん冷静に考えれば、その3社に大きな差がなければ、上手く行った最初の1社を選ぶべきです。みすみすチャンスを逃す必要は全く無い。ビジネスではそうだと思います。3社全部受け終えるまで決断できないとすると、つまりは途中で出る内定は放棄し、後に内定を出す会社に決めるということになるので、「採用スピードが遅い会社が有利」という不思議な状態になるわけです。結果だけ書くと、相当不思議な状況になります。
とはいえ、悔いを残したくない!という理由で全部受けるまでは内定も辞退する、という心意気も有りかもしれないな、とも思います。


「何日か考えてみたら」


もちろんその場は優しく終えましたが、個人的には「超もったいない」と思ってしまう瞬間です。



ちなみに、その彼と一緒に例え話で話をしていたのが「恋愛」。


気になる女の子が3人いて、順番にご飯に誘う。最初に食べた女の子から告白されたけど「他に2人、気になる子がいて」というかいわないか。

この話は盛り上がりました(笑)。


そういった考え方も含め、その判断が「自己分析の結果」なわけです。


弊社はインターネット業界の会社です。
日々新しいことに果敢にチャレンジしていきます。
理由は「ベンチャー」だから。

最高の結果ではなく、最速の結果をもとめ、チャンスにどんどん飛びついていく、そんな人材が活躍できる場所でありたいと思っています。


自己分析の参考になれば幸いです!


#とは言え、悩むことで自己分析は深まります。「最終面接の前」に、徹底的に悩みまくってください。
#悩みたいときには、弊社主催の就活勉強会へのご参加も是非!^^





[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.04.03 - Wednesdayちいさな企業未来補助金セミナー開催 (起業SNS主催)

お世話になっております、ライトアップの白石です。

ちいさな企業未来補助金の受付がいよいよ始まりました、実は先週から...

東京地域募集ページ
http://www.sogyo-tokyo.jp/


この補助金、起業時に申請すれば200万円まで補助を受けられるというもの。
まさに「垂涎」の補助金です。なんと1万社に支給するとのこと。

この情報、相当アンテナを張っていたのですが、なんと一次募集の締め切りが過ぎてました。
4月1日が締め切りでした。なんと...


アンテナを張っていた弊社でも乗り遅れていますので、ほとんどの人が申し込めていなかったと思います。

そして、第二次募集が4月22日です。まだまだ時間はあります。
本補助金に興味のある方は是非ご連絡ください。
かなり力になれると思います。


●完全成果報酬で「ちいさな企業未来補助金」申請代行サービスを始めました。
 よろしければ是非ご利用ください。

kigyo_001.jpg

また、4月7日(日)にこんなセミナーを税理士さんと共済で開催いたします。


■開催日:2013年04月07日(日)10:00~13:00
 起業助成金の情報をどこよりも早くお届け!
 最大700万円の助成金と安定ストックビジネスで「低リスク・安定起業」を実現。<主催・起業SNS>
 http://www.crosstower.jp/seminar/1551.html


 場所は弊社オフィス併設のCTカンファレンスルームです。
 現在数十人の方からお申し込みが来ているとのことでした。


 めったにないチャンス。
 是非この機会を活かしてみてください。


#主催している起業SNSは、国内最大5000人の起業家ネットワークです。
#登録無料ですので、よろしければ。http://www.kigyou-sns.com/

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.03.05 - Tuesdayよくある質問4 <ベンチャー編>

お疲れ様です、白石です。

弊社の採用もだいぶ佳境に入って来ました。
私の方でも、イベントで質問に答えたり、最終面接を5人連続で実施したり、ということも増えて来ました。

つい先日、とてもいい質疑応答が出来たので、一つご紹介します。
40人くらいがあつまる、弊社の会社説明会イベントでの話です。


Q.4
大手企業と比べてベンチャー企業の良いところは何でしょうか?

A.4
「うーん、、、正直言って、あまり無いんじゃないかと思います」
もし、大手とベンチャーが同じ新規事業に参入しようとした時、大手の方が、たくさんの優秀な人を最初から投入できるでしょうし、何億円もお金を使える。そして、ブランドもあるし信用力もある。
同じ事業を同じ情熱を持って同時にスタートしたら、まず勝てないように思います。

じゃあ、ベンチャー企業の面白いところはどこなのか。就職先にベンチャーを選ぶメリットとは。

ここで、別の役員が「徳島県立池田高校のやまびこ打線みたいなものですよ」と回答。その昔、部員数わずか11人でPL学園をやぶり、甲子園準優勝したときの打線がそう呼ばれていました。部員数も少なく、満足な練習設備もない、そんな地方の一高校が、私立の強豪高校をやぶり甲子園を勝ち上がっていく様子は、当時相当話題になりました。
なるほど、、、と聞いていたのですが、学生の皆さん「よく知らない」ということ。「後でwikiを見てみてください(笑)」と締めくくっていました。

その話を聞いている中で、私の方で一つ良い例えを思い出しました。

トランプの「大貧民」です。

大手企業は、手持ちのカードが絵札ばかり。1も2もたくさん持っている。そして毎回勝負に勝ち、10回連続大富豪を続けている。
一方、ベンチャー企業は、手持ちのカードも5とか7とかばかり。でも、1,2枚ある絵札を使い何とか「親」をとる。そして6を4枚出して「革命」。一気に大逆転を狙っていく。
そんな違いがあるんだと思います。

安定的に勝負に勝ち続けるのであれば、当然ながら大手企業の方が有利です。ただ、大手企業は絶対に革命を起こさない。なぜなら彼らは安定した大富豪だから。
一方でベンチャー企業ははじめから不利な戦いを強いられます。ほとんど親をとることもできません。ただ、大富豪同士が闘う中で、ここぞというタイミングでQあたりで親を取り、そして革命で世の中の秩序をひっくり返し一位を目指していく。

どちらの勝ち方が面白いと思えるか。
それが、皆さんが「大手企業」か「ベンチャー企業」か、どちらが向いているかの判断になると思います。


大手企業も決して安定はしていない、という人も多いですが、確率論的に大手企業の方が(やはり)はるかに安定しています。
安定を求めるなら大手、ワクワクを求めるならベンチャー、みなさんはどちらが良いでしょうか。

最新の弊社会社説明会日程はこちらからご覧いただけます。


#そう考えると、安定したベンチャーが最高ですね。もっともです(笑)

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.03.01 - Friday【告知】2014年、新卒採用イベント活況です!

お世話になっております、ライトアップの白石です。

 弊社の人事担当Sより「告知お願いします!」との依頼があったので、告知させてください。

 「他社より1円でも高ければ、もっと安くします!」

 担当の者が豪語していましたので(笑)、遠慮無く依頼してください。

■日程
 3月 4日(月)13:30~18:00 ※満席
 3月 7日(木)13:30~18:00 ※満席
 3月11日(月)13:30~18:00
 3月22日(金)13:30~18:00
 詳細:http://goo.gl/zKE6k

■参加層
・現大学3年生(早慶、MARCH100%)
・各回、40名参加予定

●お問い合わせはこちらから:https://www.facebook.com/silab.ideafirst/app_228367747176855
 ※直接担当者からご返信いたします


silab03.jpg


[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.02.28 - Thursday地震が起こるたびに思うこと。

お世話になっております、ライトアップの白石です。

先日の、栃木県日光での震度5強の地震、びっくりでした。
実家が茨城県なので、一人で暮らしている母親にも「大丈夫?」とメールしてみました。
地震自体は、山があると揺れのエネルギーが相当数遮断されるそうで、茨城では普通の震度3くらいの地震だったそうです。とはいえ、心配そうでは有りました。

弊社のオフィスでもゆっくりと大きな揺れを感じました。
私は採用面接中だったのですが、面接に来ていただいた方とも「ゆれますねぇ」と。


ニュースを見ると、まだ道路が復旧せず、孤立している旅館もあるそうです。
落ち着いたら、そういった旅館にも備蓄コンビニをご紹介してみようと思います。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/news/20130227-OYT8T01747.htm


4月から東京でも備蓄条例がいよいよスタート。
すべての企業では、社員三日分の水と食料の備蓄が義務化されます。

備蓄コンビニの価値もより一層増してくると思います。
サービス開始から半年。
今年からいよいよ本番。

気合入れて運用頑張って参ります!

ちなみに、最近は数百人規模の企業様から設置依頼が多くなっています。
条例を見据えた動きなんでしょうか。

いずれにせよ、備蓄量も多くなるので、いいことなのではないかと思います(弊社自身のキャッシュアウトが大きくなる、という点が経営的には少し心配な...^^;)。


http://bichiku-conveni.jp/
bichiku.jpg


備蓄コンビニ、マンガ説明はこちら!
http://bichiku-conveni.jp/service/comics.php

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.02.19 - Tuesday採用イベント(中途)に初めて出店して来ました。

お疲れ様です、白石です。

先日、中途採用のイベントに出店して来ました。
一日5000人くらいの人が来場するというイベントです。

#自社でも人材事業を開始しましたが、まだ新卒採用支援だけなので、中途採用は勉強の意味も兼ねて他社イベントへ参加です。
http://www.facebook.com/silab.ideafirst
http://sjnet.jp/

弊社、もともと中途採用は年間数人くらいしか採用していなかったのですが、移転もだいぶ落ち着き、新規事業系の営業職を中心にまとめて採用してみようか、と。

今回、はじめての出店です。


事前に、インテリジェンスの方からは
「社員みんなで、お揃いのTシャツとかを着るといいですよ!」とのアドバイス。

二日前に聞いたので、さすがにオリジナルプリントは間に合わない!と、急遽amazonで、赤いポロシャツを人数分注文しました(笑)。
気合十分。


男性は茶色っぽい色で、女性は真っ赤にしました。


※これの真っ赤なやつです


そして当日。
100社くらいの会社がブースを出店!ずらっと企業がならんでいます。
そしてお揃いのポロシャツを着ている会社は、弊社だけ。
みんな普通のビジネススーツ。


確かに目立ってました・・・


うぶな会社です。
ですが、ブースは大盛況。
有名なベンチャーや老舗の大手企業などたくさん出店していました。ただ、皆さん意外にも「待ち」の姿勢。
弊社、特に知名度もないので、何もしなければ誰もブースに来てくれません。
ということで、呼び込みには力を入れました。

結果、相当な数の方が来てくれました。
13名の方と面接設定をその場でし、その10倍以上の方と、連絡先交換ができました。
今週は、どんどんと面接が始まっています。


こういった合同採用イベントですが、企業・求職者双方にとって、本当にシビアな場所だと感じました。
求職者は当然ながら「応募する自由」があります。故に、企業を選んでいる、という意識の人が半数以上。そして、30才前後くらいの方には、たくさんの企業が声をかけていました。
一方で、50代以上という方も結構いらっしゃいました。そういった方は、企業からなかなか声もかからず、面接設定も苦労しているようでした。

#もっとも、そういった方を採用しようという会社も多少なりともありました。米軍の艦船修理業務には人だかりができていました。横須賀基地。

ちなみに、私自身も呼び込みをやっていたのですが、私が呼び込みした人が面接場所で「社長さんに是非ご挨拶したい」と。あ、私です、といったところ「えっ」と驚いていました。まあ、そうですよね(笑)。

ちなみに、何時間も呼び込みを続けていると5m手前くらいからわかってくるものです。

「あの人は、きっと面接に進む!」
「あの人は、ちょっと違うかな」

相手は単に歩いているだけなのですが、不思議と判別できるようになりました。
他のスタッフも同じ事を。


普段の立ち振舞から、かなりの情報が出ているのかもしれません。
自分も気をつけないといけません。

イベント終了後、早速次のイベント(6月)にも出店申し込みをしました。
きっと、赤いポロシャツを着ているブースが弊社です(笑)。

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.02.05 - Tuesdayリクナビの人事ブログが人気です

お世話になっております、ライトアップの白石です。

毎年、新卒採用はリクナビを使っています。
2014は人材事業を開始したこともあり、若手スタッフに運用を任せてみました。


結果・・・前年比2倍のブックマーク数!


前職サイバーエージェントさんの四分の一まで迫ってきました(さすが人気のサイバーエージェント!:笑)。
四分の一でもすごいですよね。普通は十分の一くらいです。


三十代後半の人事担当より、やっぱり学生に近い24歳の女性スタッフの方が感覚が近く、よりよい情報発信ができるのものだと再認識しました。


人事ブログ
http://job.rikunabi.com/2014/company/blog/r601110012/

今度は手描きイラストの4コマ漫画を載せる予定です。
楽しみにしていてください。


ちなみに、セミナー内容も刷新しました。ライトアップの会社説明だけをするのではなく、もっと来てくれた人自身のメリットになるよう、就活ノウハウを提供する勉強会みたいなテイストにしています。
その点も、喜ばれている部分かもしれません。

説明会開催一覧
https://job.rikunabi.com/2014/company/seminar/r601110012/C001/?ssl=0

悩みに悩んだ結果、「ライトアップが一番いい!」と思ってくれた方、是非、末永く楽しくアクティブに、一緒に頑張って行きましょう!


#セミナーでは実際の若手運営担当者(24才・女性)が対応いたします。そちらも楽しみに!


[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.01.24 - Thursdayよくある質問1~3 <起業、新規事業、移転編>

お世話になっております、ライトアップの白石です。

本日は、学生の皆さんからいただくよくある質問への回答を記載していきたいと思います。

FAQです。

これは面接で実際に答えている内容になります。
興味があるかたは、まずはざっと読んでみてください。
面接の参考になると思います^^


Q.1
やっぱり、昔から起業したいと思っていたんですか?

A.1
いえ、実はそんなに起業志向があったわけではないんです。
日本で一番大きい会社、NTTに入社したくらいですから(笑)。
元々インターネットをすごいやりたかったんです。
NTTも楽しかったのですが、なかなかネット関連の業務だけをずっとするということは(もちろんながら)できませんでした。
そんな時、サイバーエージェント社からお誘いがあったんです。
だいぶ悩みましたが、来年から21世紀、よし!とばかりに、親の反対も振り切って(笑)、転職しました。
サイバー社では、私の女の子3人の4人でコンテンツの部署を立ち上げました。すごく楽しく働いていたんですが、当時、村上ファンドから買収されかかったりと、色々と慌ただしいこともあり、また営業に力を入れるという方針を伝えられ、だったら、外でやらせてもらっても良いでしょうか、と。
本当は不安ではあったんですが、その時、私の下についていたスタッフから毎日のように
「白石さん、やめないんですか?やめないんですか?」
と言われ、さすがに1ヶ月くらいするとその気になってきてしまったんです(笑)
そして、部下何名かと案件を10件くらい引き継いで、そのまま部署の一部がスピンアウトするような形で有限会社ライトアップを立ち上げました。
これが2002年初頭の話です。もう10年も前になります。
そんな経緯もあり、起業して数年は売上の半分以上はサイバーエージェントさんからいただいていたので、本当に助かりました。
なので、今でもサイバーエージェントさんにはとても感謝しています。後、携帯電話はNTTドコモです。頑張ってiPhoneとの2台持ちは続けています(笑)


Q.2
御社は新規事業をたくさんやっていると思いますが、次は何をするんですか?

A.2
実は、全く決めていないんです。
もちろん、こういった方面でといったものはありますが、直前まで決めないようにしています。
私自身が「やりたいこと」というのは、正直たくさんあります。大学時代からネットはすごいと思い続けていますから。ただ、私のやりたいことが社会が望むこととは限らないと、ある時気がついたんです。
まず自分のやりたいことを一旦全部忘れる。
そして、目をつむって耳を澄ます。
そうすると、本当に小さい声で聞こえてくるわけです。「ライトアップさん、こんなサービスないの?」「こういったところは困るなぁ」「これがあったら絶対買うのに」・・・
そういった声を謙虚に聞いて、そしてその中から「できるだけ短い時間で実現できるもの」「できるだけたくさんの事が実現できるもの」この2つの基準で選んで実施していくだけです。
故に、来月やることは今月末までわからない、という事もあったりするわけです。
この方法だと、絶対に失敗はしません。なぜなら需要と供給で考えると「需要・ニーズ」を見つけて、そこに「供給する」という順番だからなんです。そして、困っている人が多ければ多いほど、その対価としてたくさんのお金をもらえたりもします。故に、ライトアップでは「利益率」を重視しています。経常利益率30%が毎月の目標です。
非常にシンプルな考え方なのかもしれないです。
じゃあ、そうなると「自分の好きな事はできないの?」という質問をされることも多いです。これは安心してください。世の中うまくできているものです。
困っている人というのは、一番得意な人に解決してほしい、と考えているんです。なので、自分自身にやりたいことがあるのであれば、24時間365日そのスキルを伸ばし続ける努力さえ続けていれば、何時の日か世の中の困っている人からご指名がかかるわけです。
気がつけば、10個の新規サービスのうち3つくらいは「そういえば、こんなサービスやりたかったんだよね」と後から気がつくことも結構あります。
まあ、私はインターネットが便利で役立つものになって、困っている誰かが助かるのであれば、何をやっても楽しいと思えるので、なんでもいいんですけどね(笑)。
何かやりたい、ということはあるんですか・・?


Q.3
なんで、渋谷クロスタワーの最上階に移転したんですか?

A.3
前のオフィスのB1Fにライブハウスができてしまったからなんです。夕方になると、ものすごい重低音の振動が発生して・・・
そんな時、ちょうど不動産会社から物件の営業があったんです。クロスタワーにはAmazonがたくさんのフロアを一括で借りきっていたんですが、ちょうど新しいビルに移転してごっそり空くらしいと。しかも、最上階に入っていたレストランも震災の影響で一旦クローズすると。つまりは、最上階が格安の金額で借りられるかもしれないと。
ということで、いろんなタイミングが重なり、これも神様の言うとおり、という感じで、流れに流されるように最上階に移転しました。ちなみに家賃は前と変わらないので、かなりお得だったと思います。
前のオフィス自体は、本当にとても気に入っていたので、今でも残念ではあります。
前述記事:フジビル37を、ライトアップビルにする計画
http://ceo.writeup.co.jp/2009/01/37.html


本日はここまでに。
また定期的に更新していきます。
面接受けられる方はご参考まで。面接、頑張ってください。最終面接一つ前でお待ちしています!

―――
Q.番外
白石さんの面接は、なんで最終面接ではないんですか?

A.番外
企業の方が立場が上、という人も多いですが、私は企業も学生も対等だと思っています。
一生のお付き合いになるかもしれない就職活動。
私との面接は、皆さんの人生をかけるにふさわしい会社かどうかを全国300万社の企業から1社を選ぶための場だと、企業を逆面接する場だと思ってください。
ですので、出来る限り皆さんからの質問の時間を多くし、ざっくばらんに回答するよう心がけています。
率直に回答しすぎて「えっ」となるかもしれませんが、そんなに変なことは言っていないと思いますので、その点はご安心ください(笑)。

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.01.15 - Tuesdayなぜ、新卒採用に力を入れているのか

お世話になっております、ライトアップの白石です。

ライトアップは伝統的に中途社員の採用よりも新卒採用に力を入れています。
最初に採用した社員も新卒でした(それ以前にサイバーエージェント社の元部署から何名かの方が合流していましたが、それを除くと新卒が第一号)。

ではなぜ、優先的に新卒を採用するのでしょうか?
いざ考えてみたところ、昔と今では理由が変わっている気がしました。


社員数がまだ20名くらいの頃は、正直に言うと、中途社員がうまく採用できなかったから、という理由が一番大きかったと思います。
優秀な中途社員はどの会社でも引っ張りだこです。20名以下のベンチャー企業にはなかなか来てくれません。
弊社の中途社員も、その全てが業界未経験でした(この体験が元になり、研修に力を入れる社風ができたわけですが)。


「どうせ未経験なら、新卒の方がやる気が合っていいんじゃない?」


自然と社内はそんな雰囲気になり、新卒採用を重視するようになったのでした。
折しも世の中は就職氷河期。実際にやる気のある新卒社員がどんどん増えていったのでした。

一方、現在は少し状況が変わっています。
社員も増え、オフィスも渋谷クロスタワーの最上階に移転し、企業ブランドも大きく向上してきました。嬉しいことに、ライトアップで働きたいという中途社員の方もものすごく増えました。


「中途社員の方が、即戦力になっていいんじゃない?」


そんな声ももちろんあります。
でも、やっぱり新卒採用の方が多いです。

では、なぜ今でも積極的に新卒採用を続けているのか。
それは、ライトアップの独自性を守っていきたい、そしてその独自性を大きく発展させていきたい、という想いからです。


ライトアップは、ネット業界の中でも「変わった会社」としばしば言われます(笑)。
元々受託ビジネスの会社なので、あまり表に出ることはありませんでしたが、さすがに創業12年も経つと名前自体は知られてきています。おそらく「すごく地道にコツコツやってそうな会社」と見られていると思います(実際、そうなんです...)。


この間、こんなことを言われました。

「白石さんは魔法でも使えるんですか・・・? 未経験者や若手社員ばっかりで、よく新しい事業を複数同時に立ち上げて収益を出せますね」

確かに、周囲の人から見るとそう見えるのかもしれません。
でも特別難しいことをしているわけではありません。今まで蓄積したノウハウと経験を、とてもシンプルに考えて実践しているだけなんです。


#その秘訣は・・・長くなりますのでまた別記事にて。


そして、この弊社のやり方にはひとつポイントがあります。
実は、中途社員よりも新卒の若手社員の方が比較的スムーズに進むということ。
早い段階でこのことに気が付きました。

では、それはなぜか。
「先入観が無いから」です。


先入観なく元気に取り組んでくれる、それだけで、ある程度の事まではできるのではないか。
しかも、よりたくさんの事が実現できるのではないか。


そのため、ライトアップの採用基準は

素直、プラス思考、勉強好き

の3つになっています。

#ちなみにこれは船井総研をマネました。
#日本最大の中小企業向けの経営コンサルティング企業「船井総合研究所」はすごい会社だなと思います。


今では社員の半分以上が、新卒入社した社員になっています。
もちろん、いろいろな事情でやめてしまう社員もいますが、他社と比べても定着率は抜群に高いです。


#中途社員も年に数人ほど採用しています。ほぼ全員が「30歳代前半の営業マン」です。
#異業種の営業経験を持つ人と話をするのは、とても新鮮で勉強になります。

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

2013.01.07 - Mondayそして、新卒採用も本格化してきました。

お世話になっております、ライトアップの白石です。

2013年もいよいよ本番。
今年は、本当の意味で飛躍の一年にして行きたいです。

ハードとしての新オフィスも順調に機能し始め、ソフトとしての新規事業も相当数の種まきが完了しました。後はそれらを使って、世の中にポジティブ・フィードバックを繰り返し繰り返し実施してくれる「」の確保が重要です。仲間が必要になっています。

ということで、この社長日記でも、現在大学生の就活生の方に向けて、いくつかメッセージを伝えられればと思っています。

一緒に、ネットを活用し、日本を良くしていきたいと感じている方は是非ご一読をお願いします。これからの記事を通じて、少しでもライトアップを理解してもらえると嬉しいです。

[ 関連商材について問い合わせる ][ ライトアップ ラボへ行く ]

 ・・・1 2 3 4 5 6 7 8 9 10・・・ 

2016年1月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

目次

写真

  • 移転.jpg
  • 12360341_1039888582745285_8159072506854889788_n.jpg
  • 日経産業新聞.png
  • 05f760e1340c9adde85488bc9a667a63.png
  • d5965a662ad442f8bc95e9f4da6aa06c.jpg
  • sonust.jpg
  • 5b2bae7c6d0989a0e35395ca5b46c3e4.jpg
  • mg.jpg
  • 0bced302b479bd753c28f297bd666145.png

新着記事

道玄坂について

株式会社ライトアップ代表取締役、白石が日々の業務や日報、雑感などを随時アップしています。(一言で言えば社長日記です)。ライトアップの社風や考え方を知る一助となれば幸いです。最新プレスリリースも一足早くお届けします。

株式会社ライトアップ
会社情報 / 採用情報

年別アーカイブ

プレスリリース一覧ページ


運営サイト一覧

弊社が運営する各種サービスサイトや自社メディアのウェブサイトを紹介します。

ニホンラボ
システム開発クラウドソーシング
Jマッチ
補助金・助成金申請支援クラウドツール
フォレストルーム
コワーキング立ち上げ運営支援
クリックアナライザー
解りやすい!クリック解析ツール
コンタクトメーカー
企業・法人リスト作成ツール
予測市場
ネットリサーチ×株式市場
ワールドトーク
オンライン英会話サービス
ライトアップ ラボ
新規事業は全てここから